zelkova tree music

zelkova tree music is general term of keyaki narusawa's music projects and record label.


Keyaki Narusawa is producer/didgeridoo player/percussionist/singer and event organizer from japan.

 

Liveミュージシャン/アーティスト/プロデューサー。90年代にパーカッショニストとしてキャリアをスタート。

ディジュリドゥ、ジャンベなどの民族楽器を使い、アコースティックな演奏からDAWのトラック制作までオーガニックでトランシーな世界観を幅広く表現する。

ハイエナジーなライブパフォーマンスと楽曲はヨーロッパのFestivalシーンから確実に支持されており、既にSonica、Samasara、Wao、Harmonic、Le rêve de l'Aborigène、Burning mountain、Esperanzahなどの大舞台での演奏、パリコレやドバイにも召喚される注目のアーティストである。

2009年に東京を離れ4年間の世界バスキング生活の後、現在はベルギーを拠点に制作/ライブ活動を行なっている。


2009年、鹿児島三島村ジャンベ留学生5期生。
2010年、日本を離れ、4年間ヨーロッパ~アジア~オーストラリアをバスキングで周る。西アフリカMaliとGuineeへ単独で渡り、Famoudou Konate familyに師事し伝統リズムの基礎を学んだ後、Londonでbuskingを開始。
2013年、LONDONのstreet artの聖地South Bankの日本人初公認アーティスト。
2013年、2014年ともに現代Art祭典「Art wave YOKOHAMA」で会場音楽を担当。
2013年、スペイン映画界を題材にしたドキュメンタリfilmにアルバム「floating rapture2.0」がBGMに起用。

2014、2015年ともにパリコレで演奏。JUNKO MAEDA PARIS COLLECTION。
2015年、Italy最大のPsytrance fesであるSONICAの出演をきっかけにヨーロッパ内の大小フェスティバルへのBookingが増える。また、ヨーロッパ最大規模のフランスの倍音フェスティバル「Le rêve de l'Aborigène」では6000人のオーディエンスを湧かせ、シーンに鮮烈なデビューを果たす。
2016年、世界エレクトリックダンスミュージック総合サイト、EDM.comが選ぶ BEST DANCE MUSIC STREET PERFORMERSのベスト7に選出。 スイスのPsytrance fes「Burning mountain」にてオープニングアクトを成功させる。 前年度のパフォーマンスが認められ、フランスの「Le rêve de l'Aborigène 2016」のメインステージに金曜日のメインアクトとして出演。6000人のオーディエンスを一つにし絶大な支持を得る。
2018年、ベルギー最大の野外フェスティバルEsperanzaで演奏。アブダビで行われた日本とUAEの政府間公式イベントで演奏。

 

7 OF THE BEST DANCE MUSIC STREET PERFORMERS 2016 (EDM.com)

 

Official music performer at ADNOC - Japan Government ceremony event in Abu Dhabi 2018